Now Loading...

Now Loading...

Makerbot METHOD

Makerbot METHOD

デスクトップタイプ ハイパフォーマンス3Dプリンタ

米Stratasys社の子会社であるMakerbot社は、Stratasys社の特許技術を最大限に活用し、新製品「METHOD」を開発しました。最大の特徴は、ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダー、水溶性サポート材(PVA)の採用です。ハイエンド3Dプリンタの性能をデスクトップ型3Dプリンタで実現させ、さらにユーザビリティ向上の為の機能が追加された、コンシューマー向け3Dプリンタと産業用3Dプリンタの架け橋となる革新的な装置です。

高い造形品質を可能にするヒートチャンバー

搭載された2本のヒーターで造形エリア内の温度制御を行い、造形中のモデルの反りを低減させ積層毎の接着力を強めることで寸法精度、パーツ強度を向上させることができます。また、熱収縮などによる造形トラブルを回避し安定した造形が可能になりました。

進化したヘッド「デュアルパフォーマンスエクストルーダー」

拡張されたサーマルコア、強力なドライブギア、フィラメント切れやヘッドの詰まりを探知するセンサーを搭載し一貫した信頼性の高い造形を提供します。さらにエクストルーダーの加熱時間は、60秒まで短縮され造形前のロスタイムを最小限に抑えることが可能になりました。

複雑な形状の造形を可能にする「水溶性サポート材(PVA)」

水溶性サポート材(PVA)の対応により、サポート材が必要である複雑な形状の造形も可能になりました。PVAは、糊剤などに使われるポリビニルアルコールで、親水性が非常に強く温水に溶けやすいという特徴を持つためサポート材除去も非常に簡単になりました。

フィラメントを湿気を守る「ドライシールドマテリアルベイ」

フィラメントは、温度と湿度を制御するセンサー付ドライシールドマテリアルベイで吸湿を防ぎ最適な状態を維持します。また、フィラメントは、真空パックで納品され、安定した品質で保管できます。

Makerbot METHOD
造形サイズ (X)190mm×(Y)190mm×(Z)196mm(シングルヘッド)
(X)152mm×(Y)190mm×(Z)196mm(デュアルヘッド)
寸法精度 ±0.2mm ※Maximum Capability
※±0.2mmまたは、移動距離1mmあたり±0.002mm、どちらか大きい値の方を選択した形状の内部テストに基づきます。
積層ピッチ 20~400μm
モデル材 Makerbot PLAフィラメント
Makerbot Tough PLAフィラメント
※Makerbot Tough PLAフィラメントをご使用になる際は、「Tough PLA Smart Extruder+」が別途必要になります。
Makerbot PETGフィラメント(対応予定)
サポート材 Makerbot PVAサポートフィラメント(水溶性サポート材)
エクストルーダー デュアルパフォーマンスエクストルーダー(モデル&サポート)
ビルドサーフェス Spring Steel Build Plate with Grip Surface
マテリアルストレージ 温度と湿度を制御するセンサー付ドライシールドマテリアルベイ
本体寸法/重量 (W)437mm×(D)413mm×(H)649mm / 29.5kg
電源電圧 AC100~240V / 4A、50/60Hz、400W
対応OS Windows 7以降、Mac OS X 10.7以降、Linux(Ubuntu、Fedora)
接続環境 Wi-Fi、USBケーブル、USBメモリー、Ethernet
制御ソフトウェア Makerbot Print
サポートファイル形式 STL、OBJ、THING、MAKERBOT
Makerbot、Makerbot Replicator、Makerbot THINGIVERSEはMakerBot Industries,LLCの商標もしくは登録商標です。


トップ