Now Loading...

Now Loading...

株式会社アピール 3Dサイト

3Dプリンタで創造力を形に

NEW! オフィス環境でも安心して造形できる「Stratasys J55」が新登場2020.6.5

Stratasys J55™は、回転式プリントプラットフォームを採用したコンパクトで静音性に優れたオフィス向けフルカラー3Dプリンタです。
高精細かつ高品質なフルカラー造形を可能にする「J55」は、オフィス環境での使いやすさを追求し、新たに回転式プリントプラットフォームを採用することでプリンタ本体のコンパクト化を実現しました。また、造形時の稼働音が家庭用冷蔵庫と同様の53dB未満という超静音性に優れ、さらに空気清浄システム「ProAero™」を接続することで、造形中に発生する臭気をフィルタ除去しクリーンな空気を排出。オフィスやスタジオ環境に最適な3Dプリンタです。

Stratasys J55の詳細はこちら

NEW! 「Stratasys J850」のテクノロジーをベースに低コストかつコンパクトな「Stratasys J826」が新登場2020.6.5

Stratasys J826™は、先行機種「Stratasys J850」のテクノロジーをベースとして、同時に7種類の材料をミックスしての造形やコストパフォーマンスに優れた新材料「DraftGray」にも対応したマルチマテリアルフルカラー3Dプリンタです。
先行機種「Stratasys J850」と同等の品質と精度を持ち、低コストかつコンパクトな「Stratasys J826」。Stratasys Polyjet 3Dプリント技術により、アイディアをより迅速かつ正確に実現することで設計意図を適切に伝え、選択した設計をよりリアルに描写するプロトタイプを用いて、意志決定と最終製品向上を実現することができます。また、リムーバブルトレイを新たに採用したことで、造形モデルをトレイごと取り外すことができるため、運用・メンテナンス性が向上しました。

Stratasys J826の詳細はこちら

3Dプリンタでフェイスシールド造形2020.04.16

大阪大学大学院医学系研究科 フェイスシールド

大阪大学大学院医学系研究科 様が公開しているクリアファイルを使用したフェイスシールドを3Dプリンタで造形してみました。

Form2から更に進化した次世代型3Dプリンタ「Form3」が新登場2020.01.11

Form2から更に進化した次世代型3Dプリンタ「Form3」が新登場しました。新開発の剥離システム「LFS(低剥離力光造形)」の導入により、従来のForm2よりも更に精巧な造形を実現しました。さらにモジュール式のレーザーユニットの採用により、メンテナンスが容易になりました。造形物との接合部を小さくすることで、表面が滑らかでサポートも簡単に取れる「ライトタッチサポート」を実現。ハイエンドクラスの3Dプリンタに匹敵する高精細かつ低コストな3Dプリンタです。

Form3の詳細はこちら

過去のトピックスを見る

Stratasys F370に対応したナイロンベースモデル材「Diran™410MF07」が新登場2019.12.18

Stratasys F370に対応した新材料「Diran™410MF07」は、優れた靭性と衝撃強度、耐摩耗性による低い滑り抵抗を兼ね備えたナイロンベースマテリアルです。炭化水素系の薬品に対しての耐性も持ち、最終製品や治具・工具としての活用に適しております。サポート材はブレイクアウェイサポート材に対応し、サポート除去時間も削減できます。

新材料「Diran™410MF07」に対応したStratasys F370の詳細はこちら

「Stratasys J750」からさらに進化したフルカラー3Dプリンタ「Staratasys J850™」新登場2019.11.11

Stratasys J850™は、従来の「Stratasys J750」からさらに進化し、同時に7種類の材料をミックスして造形が可能なマルチマテリアルフルカラー3Dプリンタです。
新しくなったマテリアルキャビネットに加え、4.0kgの大容量カートリッジにも対応。付属のタッチパネルモニターによる組込型ワークステーションでGrabCADPrint™からダイレクトに造形が可能になりました。さらに、Staratasys J750(HSモード)の2倍の速度で造形が可能なスーパーハイスピードモード(SHSモード)により、コンセプトモデルなどの造形がよりスピーディーに製作可能になりました。

Staratasys J850の詳細はこちら

Stratasys社のハイエンド技術を搭載した新製品「Makerbot METHOD X」が登場2019.10.03

Stratasys社の特許技術を最大限に活用した「METHOD」シリーズに「METHOD X」が新登場しました。すでに販売されている「METHOD」の特徴に加え、新たにABSフィラメントが使用可能になりました。サポート材は、Stratasys社のSR-30(アルカリ性ソリュブルサポート材)を採用。試作品の造形、はめ合わせテストなど、コンセプトデザイン向けの「METHOD」。試作品・治具・工具・最終製品の造形、機能テストなど、プロダクション向けの「METHOD X」の2種類のラインナップで、どちらも少ない投資で大きな革新技術を可能にできる3Dプリンタです。

Makerbot METHODの詳細はこちら

Stratasys社の特許技術を最大限に活用した「Makerbot METHOD」を開発2019.05.22

米Stratasys社の子会社であるMakerbot社は、Stratasys社の特許技術を最大限に活用し、新製品「METHOD」を開発しました。最大の特徴は、ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダー、水溶性サポート材(PVA)の採用です。ハイエンド3Dプリンタの性能をデスクトップ型3Dプリンタで実現させ、さらにユーザビリティ向上の為の機能が追加された、コンシューマー向け3Dプリンタと産業用3Dプリンタの架け橋となる革新的な装置です。

Makerbot METHODの詳細はこちら

Stratasys社製 F123シリーズに「F120」が新登場2019.04.03

F123シリーズの機能性に加え、外付けの大容量フィラメントボックスにより1回の材料装填で最長250時間の連続稼働が可能になりました。
汎用性の高いABS樹脂、UV耐候性と耐熱性を持つASA樹脂の2種類の材料を使用することができ、工業用ハイエンド3Dプリンタとして初心者でも簡単に造形することができるGrabCAD Printソフトウェアを融合したコンパクトなデスクトップサイズの3Dプリンタです。

Stratasys F120の詳細はこちら

FDM向けエラストマー樹脂「FDM-TPU92A」リリース開始2019.01.07

Stratasys社製のF123シリーズ3Dプリンタに今まで使用できなかった軟質樹脂が登場しました。
高い伸張性と強度により完全自由設計を実現し、エアーダクトやカバーなど伸張性・柔軟性を活かしたリアルな質感で可動域の確認や性能テストが可能です。今まで不可能だった複雑で耐久性・弾力性のあるエラストマー部品を製造することが可能になりました。
弊社の造形サービスのF123シリーズ3Dプリンタ、F370でご利用いただけます。

【㈱アピール】3D造形後のサポート除去はこんな感じ!(ARS編)
【㈱アピール】3D造形後のサポート除去はこんな感じ!
【㈱アピール】3Dプリンターでペン・パイナップル・リンゴ・ペン作ってみた
【㈱アピール】3Dプリンタで津軽為信像をつくりました!


トップ